2017年10月31日

美味しい魚を食べたい

海に折角行くのなら、その土地の名産の美味しい食べ物も味わってみたいものです。四方を海に囲まれた日本は海の幸が豊富で季節、場所によって捕れる海の幸も違って来ます。

美味しい新鮮な土地の名産を紹介します。夏休みの海水浴シーズンだけでは無く、季節ごとの旬の食材には栄養たっぷりで美味しさが詰まっていますので秋の味覚、冬の味覚、春の味覚も味わってみて下さい。

静岡伊豆地方
伊豆半島は、金目鯛の産地として有名で南端の下田は水揚げ日本一です。新鮮な刺身はプリプリの食感がたまりません。煮付けにしても美味しいです。
金目鯛.jpg
しいたけ(秋)、イノシシ(11月~12月)、伊勢海老(10月~1月)、金目鯛(12月~2月)、タカアシガニ(2月~3月)、ワサビ(3月~5月)、白ビワ(5月下旬~6月中旬)、トコロテン(5月下旬~9月中旬)、鮎(5月下旬~10月下旬)
➤伊豆の美味しい幸の購入
金目鯛
ワサビ
トコロテン

伊豆大島
くさやは、くさや汁と言う塩水を繰り返し発酵させた汁に浸した干物で独特の臭いに慣れない人が多いです。抗菌作用があり身体に良い伊豆諸島の名産です。
くさや.jpg
ご飯のおかずとしてお酒のつまみとして人気があります。
➤伊豆大島のくさやの購入

神奈川湘南地方
湘南は生しらすが有名で新鮮なしらすをご飯にたっぷりとかける生しらす丼の人気があります。小田原のかまぼこも伝統があり有名です。日本初のハム工場の鎌倉ハムはサンドウィッチ初の駅弁としても有名です。上品の味わいがとても美味しいです。
生シラス丼.jpg
しらす(3月下旬~5月)、かまぼこ(1月~3月鯛、4月~7月伊佐木、8月~9月魳、10月~12月鯥)、鎌倉ハム
➤鎌倉名物
しらす
鎌倉ハム の購入
➤小田原名物
かまぼこ の購入

新潟地方
米どころ新潟は何と言ってもコシヒカリ、そして美味しい米を使った美味しいお酒が有名です。日本海に面しているので新鮮な魚が食べられます。寺泊が有名です。ノドグロはアカムツのことで白身のトロと呼ばれる高級魚です。刺身を始め、塩焼き、煮付けにしても美味しいです。
ノドグロ.jpg
ヤナギガレイ(10月~12月)、南蛮エビ(冬)、ズワイガニ(12月~3月)、枝豆(7月下旬~8月中旬)、(9月)、ノドグロ(9月)
➤新潟の旨い幸
ヤナギガレイ
南蛮エビ
ズワイガニ
枝豆

ノドグロ の購入

佐渡ヶ島
日本海は夏は穏やかですが、冬は荒れることが多く、荒れる日本海を南下する寒ブリは脂が乗っていて、身がしまっていてとても美味しいです。刺身が好きですが、しゃぶしゃぶで食べるのも良いです。
佐渡寒ブリ.jpg
佐渡寒ブリ(11月中旬~12月)、牡蠣(12月~2月)、おけさ干柿(10月~11月)
➤佐渡の幸
佐渡寒ブリ
おけさ干柿 の購入

富山地方
富山湾は深くて黒部川などからの森の栄養が注がれて魚が豊富です。ホタルイカは古くから漁が盛んでした。サクラマスを使った富山の郷土料理の鱒寿司は駅弁としても有名です。
鱒寿司.jpg
ホタルイカ(3月~5月)、鱒寿司(3月~5月)、白エビ(4月~7月)
➤富山の海の幸
ホタルイカ
鱒寿司
白エビ の購入

能登半島
輪島の朝市は千年以上の歴史があり、新鮮な魚や野菜、雑貨などが売られています。朝8時からお昼まで営業しています。お正月と第二と第四水曜日が休みですが、年中やっていますので、土地の美味しいものを探してみて下さい。
輪島朝市.jpg
加能ガニ(11月~3月)、ノドグロ(晩秋~冬)、甘エビ(12月~3月)、能登牡蠣(1月~3月)、能登岩牡蠣(7月~8月初旬)
➤能登の海の幸
加能ガニ
ノドグロ
甘エビ
能登牡蠣 の購入

房総半島
千葉も伊勢海老の漁獲量で日本一を争うほど漁が盛んです。海の幸が沢山ありますが、農産物も盛んです。都心から近いのでいちご狩りも人気があります。寒い時期の方が実が冷たくて美味しいです。
伊勢海老.jpg
サザエ(11月~3月)、伊勢海老(9月~3月)、ハマグリ(1月~3月上旬)、いちご
(1月~5月上旬)、(2月~5月)、房州ビワ(5月~6月)、あわび(7月~8月)、落花生(9月上旬~10月下旬)
➤房総の美味い幸
サザエ
伊勢海老(9月~3月)、ハマグリ
いちご

あわび
落花生 の購入

大洗地方
冬の代表的な料理あんこう鍋。深海魚で見た目はグロテスクなあんこうですが、食べられない所が無いと言われていて白身、内臓、皮、エラと骨以外は全部食べられます。
あんこう.jpg

あんこう鍋は味噌味が多いですが、醤油味もあります。肝は特に美味しいのですが高カロリーです。肝以外は低カロリーでヘルシーです。お肌がプルプルになるコラーゲンをタップリと含んでいます。
あんこう鍋.jpg
干し芋(11月~3月)、あんこう(12月~2月中旬)、水戸納豆(1月~3月)、はまぐり(3~5月)、常磐かつお(春先~夏、秋)、岩牡蠣(6月~8月)
➤大洗の美味い幸
干し芋
あんこう
水戸納豆 の購入

その土地に行って、その土地のものを食べる。その土地の雰囲気も味わえて一番です。流通が発達して、その土地に行ったのと同じ味を楽しめる宅配も人気があります。何よりも「自宅で」と言うのが魅力的です。美味しい干物を美味しく味わえる。➤日本唯一の熟成干物 紀州備長炭干し干物

美味しさは科学です。=美味しく作れば、美味しいのは当然です。
posted by 海水浴大好き at 06:59| Comment(0) | 楽しかった想い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください